看護師のイジメが発生する理由

イジメが発生する理由

イジメが発生する理由

看護師の現場では、実際はどういった原因でイジメが発生しているのでしょうか。

女性同士による人間関係

これは看護師だけに限らず、女性の多い職場環境に共通して言えることです。看護師は大半が女性のため、人間関係のトラブルが絶えません。特に女性は群れたがるので、すぐに集団になったりグループをつくったりします。これが派閥へと変化していき職場の雰囲気を悪くする原因となります。男性がいれば雰囲気も変わるのですが、残念ながら男性の看護師はまだ少なく、女性看護師だけの病院が多いのが現状です。
女性に派閥ができてしまうのはどの業界でも同じ事ですが、看護師の仕事は他の部分でもかなりの苦労を抱えるため、ストレスを増大させる大きな原因となってしまいます。派閥が出来てしまうとお互いに敵対心を持ってしまうのが人間の心理です。そのため職場内でも対立が生まれ、働く環境を悪くさせてしまうのです。看護師のイジメは、このような派閥から生まれる敵対心が原因となる場合がとても多いです。

ストレスから生まれる八つ当たり

看護師の仕事は、気持ちに余裕の無い日々が続きますので、心身共に強く無ければ続けてはいけません。基本的に休憩時間以外で座れる時間はほぼなく、患者の希望やクレームも投げ出さずに対応しなければなりません。更には沢山の業務を抱えているため残業も当たり前、そこに医師や患者ともコミュニケーションをとらなければならず、ストレスを生みやすく溜込みやすい仕事なのです。
毎日このような生活が続くため、次第に気持ちに余裕を持てなくなる人も多くいます。これがイライラしたり、神経質になったりとストレスの原因をつくりだすのです。そして、ストレス発散の八つ当たりでイジメに走るようになっていきます。同僚の看護師に対して八つ当たりする事が多いようですが、その矛先は後輩や新人看護師に向くことが多いようです。

人材不足がストレスを招く

今の医療業界で深刻な問題となっているのが、看護師の人材不足です。社会問題としても近年取り上げられるようになりました。どの病院も看護師を必要としていますが、どこも足りていないのが現状です。そうすると、看護師の中でイジメなどの問題が起こっても病院側は見て見ぬふりをしたり、中途半端に片付けようとしてしまいます。それはイジメ問題に対処して、イジメをした側に罰を与えるとそれを理由に辞めてしまう人がいるからです。ただでさえ看護師が足りていない状態なので、病院としては「穏便に」と言うしかありません。

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る