看護師の苦労が引き起こす医療ミス

医療ミスの危険性

医療ミスの危険性

看護師が引き起こす医療ミスの原因について説明していきます。

与薬ミスと看護中の医療ミス

看護師が最も起こしやすい医療ミスが、与薬のミスです。与薬のミスには単に薬の取り違えだけでなく、与薬の量を間違えてしまう場合もあります。また、中には与薬を受けている患者に対して禁止している薬を間違って投薬してしまうケースも医療事故として判断されます。看護師のやらなければならない仕事は沢山ありますが、患者を看護している中で医療ミスや医療事故を起こしてしまうこともあるようです。例えば、誤った患者のケアなども医療事故となります。あるいは食事や入浴といった介護中のミスも医療事故として扱われてしまいますので注意が必要です。

医療の進歩とプレッシャー

近年、ますます医療は進化を遂げています。現在は治療の選択肢も幅広くなり、投薬などに関しては患者自身が選択できるようにもなりました。最近では与薬する薬として提供されるもので、よくあるのが正規品かジェネリック品かの選択です。そのため、例え同じ症状を持つ患者同士であっても、治療方法は異なる場合があります。患者にとっては新しい薬が増えた事は喜ばしいことですが、看護師や医師はその都度新しい薬の効能や副作用などを覚えなければならないため、とても大変です。
また、患者を何十人と担当している場合だと治療方法がそれぞれ違うため、混同してしまう可能性もあります。しかし、医師や看護師にとっては覚えなければならないことばかりが増えて大変な状況です。特に、何十人もの患者をひとりで受け持っているような場合だと、それぞれの患者に対して適切な薬と治療をしなければならないため、新しいものは全て覚えなければなりません。今後薬がどんどん増えてしまうと増々仕事量が増えるうえに、薬を間違った名前で覚えていたりすると医療事故に繋がる可能性もあります。
そしてさらに最近では「モンスターペイシェント」という言葉もでてきています。モンスターペイシェントとは、看護師や医師などに攻撃的な態度を示してくる患者のことです。ひどい人であれば、暴力やセクハラまがいな態度に発展したりもします。また患者の親が出て来てクレームを言ってくる場合もあるのです。このような環境で看護師は日々仕事をこなしていますが、残念ながら医療事故は今でも問題視されています。ですが、病院側が問題視しなかったり隠蔽したりというケースも多いため、今後増々深刻化するかもしれません。

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る