看護師が結婚できない4種類の苦労と環境

結婚できない環境

結婚できない環境

看護師が結婚できない理由について意見の多い環境要因を4つ見ていきましょう。

中々出会いの機会が少ない

看護師は日頃から人と関わる機会も多く男性から人気のある職業の為、世間的には結婚できそうなイメージが強いかもしれません。しかし実際は出会いの機会は少ないのです。同じ医療業界だと臨床医や研究医、検査技師など男性が働いている職種もありますが、やはり圧倒的に看護師の割合が多いのです。そのため、同じ医療関係で結婚相手を見つけるのは難しく、仮に素敵な男性を見つけたとしても、既に結婚していたりする場合が多いのです。
では患者と恋愛に発展する可能性は?という考えもあるかもしれませんが、実際はほとんどありません。あくまで患者であり、看護師は仕事で患者をケアしている立場なので、恋愛に発展すると問題視されてしまいます。かといって医療業界以外で探すとなっても、普段から激務や不規則なシフト勤務を繰り返しているため、休日を返上して合コンなど出会いの場にいく事も難しいでしょう。このように、看護師は以外と出会いの機会が少ない職種なのです。

生活リズムが不規則

上記でも述べましたが、診療時間が決まっている外来勤務や入院患者の受け入れをしていない病院の看護師であれば、規則的な生活ができるでしょう。しかし病棟勤務の看護師は日勤、準夜勤、夜勤の3交代のシフト勤務ですのでそうはいきません。時間がバラバラな上に曜日も不定期なので、友人や異性の方とのお食事をするのに時間を合わせるのにも一苦労します。

プライベートと仕事を区別したい

看護師として働く女性に魅力を感じる男性は、癒しや母性、面倒見のいい尽くし上手な女性を理想としていることが多いです。普段の仕事から患者のケアをしている看護師のことが、イメージする結婚生活にリンクする部分も多いのでしょう。ですが、看護師の女性で、プライベートまで誰かに尽くしたり面倒見のいい女性でいることを望んでいる人は少ないです。反対に普段の仕事が激務なため、癒されたい、尽くしてもらいたいという女性の方が割合としては多いのです。
このように看護師を理想の結婚相手としている男性と、看護師の女性とでは理想が全く反対なのです。男性と女性との間でミスマッチが起こります。普段から自分の時間に余裕がない看護師ですので、相手のために自分の時間を費やすという考え方は難しいのではないでしょうか。

愚痴や文句をよく言う

看護師の仕事はとてもストレスが溜まりやすいです。なのでプライベートでつい仕事の愚痴を言ってしまうことが多いようです。患者や職場の同僚、上司など普段表に出せない感情を看護師は溜込んでいるものです。ですが、男性から見て常に愚痴をこぼしている女性に魅力を感じることは極めて稀なので、結婚できない要因をつくりだしてしまうのです。

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る