看護師にとって1番辛い夜勤

身体的な夜勤の辛さ

身体的な夜勤の辛さ

夜勤の人は、普通の仕事をしている人が眠りについている時間帯に働いています。このような時間で働き続けるといずれ限界が来ますし、看護師の退職理由にも多くの意見で夜勤があてはまる理由が分かります。このページでは、夜勤の苦労について記載しています。

忙しくて仮眠時間が取れない

病室を消灯して病室で入院している患者が眠りについた後で緊急入院や病状の急変などのイレギュラーが特にない場合は、比較的穏やかに過ごすことが出来ます。しかし通常の夜勤の場合だと、こんなに穏やかでゆったりと過ごせることはまずないです。忙しいときに限ってナースコールで患者に呼ばれたり、救急搬送されてきたりと大変です。さらにひどい場合は患者から「トイレにいきたい」や「寝つけない」など、あらゆる事情でナースコールが飛んできます。または重症患者の容態が急変したために早急に呼ばれることなども日常茶飯事なのです。
さらに夜勤の場合だと元々看護師の人数は少ないため、仕事が一つ増えるだけで自分自身にそのまま振りかかってきてしまいます。日勤以上に働かなければならないような場合もあります。もはや「忙しい」という状態をはるかに超えて、何から終わらせればいいか分からなくなってしまい大きく疲れてしまいます。それに夜勤中は仮眠時間が設けられていないので、忙しい状態が続くと食事もゆっくり食べる事ができません。なのでもし2交代制のシフトだった場合は16時間以上も立ちっぱなしの状態になるため、心身共に疲れ果ててしまい看護師を辞めたくなる気持ちも理解できます。

生活リズムの乱れから体調を崩す

夜勤の場合は、2交代制か3交代制のどちらであっても深夜の時間帯に勤務となります。つまり、普通の人は寝ている時間に仕事をすることになります。また看護師の仕事のきつい部分が、夜勤専従なシフトでない限りは日勤のシフトでも働かなければならないことです。つまり、日勤と夜勤の両方の働き方を繰り返すので、生活リズムが乱れてしまうのです。そのため、精神的に落ち着かず情緒不安定な状態が続いたり、体調を崩してしまう看護師が多いのです。
通常、看護師のシフトは2交代制の場合だと、日勤、夜勤、夜勤といった1日勤/2夜勤というシフトです。そのため、昼間に働いたり夜に働いたりと寝る時間や生活が不安定になり、体内時計が定まらない状態が続くのです。このような状態は、勤務中の眠気や睡眠障害、仕事のパフォーマンスにも大きく影響してきます。

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る