看護師の苦労は電話で相談するのもよし!

電話を使って解決

電話を使って解決

悩みを面と向かって話せない方は、ぜひこちらの電話相談を参考にしてみてください。その他、相談相手の種類や特徴をご紹介します。

電話相談がおすすめな理由

少し話せば解決するような悩みであれば、電話での相談がおすすめです。職場内でさらっと話すことも出来ますが、やはり働いている場所では話しづらいこともあるでしょうし、看護師同士のトラブルにも繋がりかねません。変な気を遣って本音が話せなくなる場合もありますので、メールや電話など相手の顔色を伺わずに本音を打ち明けられる手段がおすすめです。最近では悩み事を電話などで話す女性も増えているようです。特に看護師の場合は時間に余裕を持つ事は難しいので、電話の方が気軽で手っ取り早いという理由も含まれます。
ひとつ注意することがあるとしたら、相談する相手を選ぶ事です。電話だからと言って誰でも相談してよいかというとそうではありません。あなたの悩みをマイナスに捉えてしまう人もいます。仕事に影響してしまうと逆効果なので、話し相手に気をつけましょう。相手を考えるのであれば、次に当てはまる人がよいかもしれません。

まずは同じ職場で働く看護師に

看護師の悩みを一番理解できるのは看護師でしょう。同じ悩みを抱えている人も少なくありません。ですので、まずは職場の先輩や同僚に相談してみてください。お互いに分かり合える部分が沢山出てきたり、話を共有することもできます。ですが 、話す相手を誤るとかえって職場の雰囲気を壊してしまう可能性もあります。特に職場の人間関係の悩みや愚痴などは、自分の立場を悪くしてしまうことも考えられるため、話す相手はよく考えてから相談するのがよいかもしれません。

友人や家族への相談

看護師同士で悩みを共有する方が、1番良いのかもしれません。ですが毎日仕事に追われている中で、相談する時間をつくることは難しい場合もあります。特に相手の時間を貰っての相談になるので、気が引けてしまうことも考えられます。ですので、職場での相談が難しいようであれば、友人や家族など近い存在の方に話してみるのがよいでしょう。
また、友人や家族に話すメリットとしては、看護師の働き方を知らないからこそ客観視した意見をもらえることです。反対にデメリットとしては、医療現場の専門用語や業界ならではのことが分からないため、話が通じない場合があることでしょう。

民間運営の相談所の利用

民間団体が運営している相談所もいくつか存在します。こういった相談所は看護師が無料で相談できるようになっています。有名な相談所としては「日本いのちの電話連盟」と「日本臨床心理士会」の2つが挙げられます。どちらも電話相談が可能ですが、看護師を専門にした相談所ではないため、専門的な悩み相談の解決は難しいかもしれません。ですが、悩みを抱えている看護師の方は、最初の悩みを解決するきっかけにもなりますので、ぜひ利用してみてください。

日本いのちの電話連盟は全国各地に事務所がありますので、相談の際は最寄りの事務所に電話してみてください。
詳しくはコチラ
日本臨床心理士会の電話相談は夜間受付もありますので、都合のいい時間を選んで電話相談が可能です。
詳しくはコチラ

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る