看護師はベテランになっても四苦八苦

ベテランになっても四苦八苦

ベテランになっても四苦八苦

ここでは、看護師がどのような苦労をしているのかについてお伝えしていきます。

新人看護師が経験する苦労

看護師の仕事は患者の命に関わるとても責任のある大変な仕事です。そのため、一般企業で働くサラリーマンとはまた違う苦労を多く経験します。特に学校を卒業したての看護師1年目は、心身共に苦労と向き合う日々となります。看護師は常に置かれている状況の違う現場で最大限の力を発揮しなければなりません。そのため、臨機応変さや体力的にもタフさが求められるため、気持ちの余裕を持てない仕事なのです。
また、看護学校などで看護師としての知識や技術を勉強して現場に入ったとしても、最初は習った事が全く通用しないことも多いため、精神的にも強くなければ心が折れてしまう人も少なくないようです。実際に看護師として長くキャリアを積んでいる人は、日々の激務をこなす裏で新しく覚えた業務を復習する時間や努力する時間を作っています。

シフト勤務に苦労する

看護師1年目で一番苦労することと言えば、やはりシフト勤務ではないでしょうか。1年目の勤務は主に通常の総合病院といった入院患者の受け入れが出来る病院がほとんどです。そのため、準夜勤・夜勤といったシフトが交代制で入ってくることになります。もちろんそれ以外に日勤もありますので、生活リズムが乱れてしまうのです。この生活リズムの乱れから体調不良を起こしたり、友人との約束やプライベートの時間などにも影響してしまいます。

ベテランでも苦労はつきもの

長年仕事を続けているベテランでも苦労はつきものです。新人時代の苦労とは違い、ベテランの苦労には業務に対する責任や新人看護師のフォローなどの業務の数が増えたりと様々です。仕事に慣れてきたからと言って余裕を持って仕事を出来ることはないため、長期的に看護師として仕事を続けたい方は看護師業務の苦労についてよく理解する必要があります。患者からのクレームやわがままだったり、キャリアの浅い看護師達とのコミュニケーションにも気を使ってしまうことも多いようで、嫌気がさしてしまう人も沢山います。
また最近では医療技術の発達に伴い看護師として覚えなければならない事は増えてきており、ベテラン看護師にかかる負担も大きくなっています。こうした激務に追われる日々で看護師の仕事を楽しむ為には、苦労を溜込まない工夫が必要です。誰かに相談をしたり、一緒に食事にでかけたり趣味に没頭するなど、自分なりの発散方法を見つけるとよいでしょう。

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る