看護師の退職理由から見える問題点とは

退職理由で見る職場の問題

退職理由で見る職場の問題

看護師が退職を考える理由となるのは、次の様なケースが代表的です。

人間関係の問題

人間関係の悩みは、看護師だけに限らずどこでもある悩みでしょう。ですが、一番原因となりやすい理由です。看護師も組織で動きますし、特に女性同士のためトラブルも多いです。そして近年、社会的に問題視されているのが上司や職場の先輩からのパワハラです。業務やそれ以外のところでも嫌がらせを受けることがあるようです。例えば連絡事項の共有がされなかったり、分からない事を先輩の看護師に聞いても冷たい態度をとられたりなど、仕事に影響するような嫌がらせであるため退職する理由で最も多いのです。

勤務先の環境

普通のサラリーマンの場合だと、就業時間が午前9時から午後5時までと、残業を考えても比較的変動の少ない勤務時間です。しかし、看護師の場合は日勤だけでなく夜勤、準夜勤と交代制のシフトなため、不規則な生活になりがちです。そのため体調不良を訴える人なども多いそうです。また看護師は時間に常に追われているような環境で働いています。そのため、休憩の時間を確保する事も難しい状態です。また、休日平日関係なく出勤のため、心身共に疲れてしまい退職してしまうそうです。

給与に対しての不満

看護師の収入を見てみると、一般のサラリーマンと比較した場合は高めに設定されていますが、激務な日々を過ごしているため、収入に満足がいかない人も少なくはありません。統計データ上でも、給与に不満を感じている人は看護師の半数以上があてはまるそうです。
また、実際に勤務してみてから感じる事として、説明会や面談を受けた時と違う、あるいは勤務してから仕事量に対して思った以上に給与を貰えなかったなどという理想と現実から退職を決める人もいます。給与面は勤務先を選ぶ条件としてもとても重要なので、転職前に把握しておかなければなりません。

業務内容に対する不満

いざ働いてみると、説明時に聞いていた内容やイメージと違うことがあります。また、自分がやりたい業務を中々担当させてもらえなかったり、興味のない部署に飛ばされたりすることで仕事に対するモチベーションも中々あがりません。華のあるイメージとは違い、地味な作業も多いので退職してしまう人が多くいます。また、仕事に責任を持たされてしまう事で医療事故の不安を強めることに繋がる人もいます。事故に繋がる不安から仕事を継続する気持ちを無くしてしまうようです。

新人看護師に贈る知恵袋

アドバイザーは転職の味方
アドバイザーは転職の味方

一人で転職活動をしても何から手をつけて良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。また個人で転職活動を進めても、情報収集が苦手な方は転職活動を失敗してしまう可能性があります。そんな時はぜひ転職アドバイザーに相談してみましょう。転職アドバイザーとの面談では、自己分析を基に自分の希望に合った業界や働き方を提案してもらうことができます。さらには転職先の決定から入社まであらゆるサポートを受けることができます。 続きを見る

電話を使って解決
電話を使って解決

何かと苦労の多い看護師の中には、悩みを抱えている人も少なくありません。ですがその中でもダントツに多いのが、誰にも相談することができずに苦労を一人で抱え込んでしまうケースだそうです。そこで、自分の悩みを気兼ねなく打ち明けられる唯一の解決策が、電話での相談でしょう。知人や会社の同僚、あるいは民間で運営している相談窓口など、どこか自分の悩みを話せる場所をつくっておくことはとても大切です。 続きを見る